ウコンの入手方法

ガンは日本人の死因率一位の原因病で、特に40歳以降から発症リスクが高くなると言われているので、この年代に達したくらいからは健康を意識することが大切ですが、定期的に健診を受けて自分の体の状態をセルフチェックすることも健康維持においては必要です。

ガンという病気は自分の細胞が原因となって起こる病気のことですが、遺伝子が何らかの理由で異変が生じてしまいガン細胞になることで正常な細胞よりもガン化された細胞が増えてしまうものです。

こうした病気に対してもウコンが効果を発揮するということで注目を浴びていますが、最近になってからの話しではなく20世紀後半から既にガンに対する効果があるということは研究によってある程度は分かっていたものの、どのようなシステムでガンを改善することができるかという機序まで分かってなかったので認識がありませんでした。

研究が進むにつれて分かったことがウコンに含有されているクルクミンという成分には抗酸化作用があるということで、細胞に対しての抗酸化作用があるので細胞が酸化してしまい老いてしまうのを防ぐことができます。

ウコンにはさまざまな健康や美容効果があると言われているのもクルクミンが関係しているわけですが、病気も美容も細胞が老いないアンチエイジングの考えは重要な部分でもあります。

ただし、ウコンは医薬品ではなく自生している天然植物なので医薬品のように高い効果が期待されるものではないという点には注意が必要です。

がんにならないために

ガンは日本人の死因率一位の原因病で、特に40歳以降から発症リスクが高くなると言われているので、この年代に達したくらいからは健康を意識することが大切ですが、定期的に健診を受けて自分の体の状態をセルフチェックすることも健康維持においては必要です。

ガンという病気は自分の細胞が原因となって起こる病気のことですが、遺伝子が何らかの理由で異変が生じてしまいガン細胞になることで正常な細胞よりもガン化された細胞が増えてしまうものです。

こうした病気に対してもウコンが効果を発揮するということで注目を浴びていますが、最近になってからの話しではなく20世紀後半から既にガンに対する効果があるということは研究によってある程度は分かっていたものの、どのようなシステムでガンを改善することができるかという機序まで分かってなかったので認識がありませんでした。

研究が進むにつれて分かったことがウコンに含有されているクルクミンという成分には抗酸化作用があるということで、細胞に対しての抗酸化作用があるので細胞が酸化してしまい老いてしまうのを防ぐことができます。

ウコンにはさまざまな健康や美容効果があると言われているのもクルクミンが関係しているわけですが、病気も美容も細胞が老いないアンチエイジングの考えは重要な部分でもあります。

ただし、ウコンは医薬品ではなく自生している天然植物なので医薬品のように高い効果が期待されるものではないという点には注意が必要です。

通風にならないために

過剰な摂取は肝硬変のリスクを高めてしまうものの、適度な摂取であればお酒によって弱ってしまった肝臓の機能を改善する効果が期待できるウコンですが、それ以外にも現代人に多い痛風に対しての効果も高いと言われています。

痛風は尿酸値が高くなることによって起こる症状になりますが、尿酸値が関節などに蓄積されるようになるとそれを免疫機能が反応して攻撃をすることになり、それが原因となって炎症が起こって痛みを伴うわけです。

痛風がひどい人になると立つこともできなくなるくらい痛みを伴うようになると言われていますが、これはウコンの主成分でもあるクルクミンが作用することによるもので、サプリやドリンクタイプなど最近はさまざまな種類があるので症状に合わせて飲用するとよいでしょう。

また、ウコンの取り過ぎは肝臓によくないので肝臓の働きが気になる人だとなかなかウコンを摂取することが難しいかもしれませんが、その場合は水をとにかく摂取する習慣を身に付けることが大切で日頃から水分補給が少ない人はそれだけ尿酸値も高くなりやすいと言われています。

痛風はプリン体が多い食事をとると起こりやすいと言われているので、日常生活における食生活を見直すことも大切です。

できれば適度な運動をする習慣を取り入れることも痛風の対策としては効果的な方法になるのですが、それが仕事の都合で難しいという場合は食生活やサプリの力を頼って少しずつ改善を図っていくようにしましょう。